フロントガラスのリペアは樹脂を入れて傷を見にくくします。

こんにちは

大分市津守の
自動車ガラス、カーフィルムの専門店、
市川オートグラスです。

 

10月に入り、

台風被害が全国的に聞かれます。

これ以上ひどくならないことを切に願いたくなります。

水に浸かった車や、

突風で吹き飛ばされた車の痛々しい姿は、

オーナーの気持ちを考えると胸が痛みます。

 

前回に引き続きガラスリペアについてのお話です。

フロントガラスは「合わせガラス」になっていて、

2枚の板ガラスの間にポリビニールブチラールを中間膜にしてはさみこみ、

3層で出来たガラスになります。

 

この特徴としては、

①走行中、割れてもヒビが入るだけで破片が飛び散らないので、安全で視界を確保することができます。

 

②そして、万一事故がおこった場合、頭部や体がガラスにぶつかっても、その衝撃を中間層が衝撃を緩和・吸収するため、安全性の高い。

 

飛び石などの破損により、

このひび割れにより中間膜の空間に空気が入ってしまうので、

光学的にガラスと同等な化学物質(レジン)を充填させ硬化します。

それを研磨する事で、

透明度を回復し、

破損の進行を止めることになります。

 

ただし、

ガラスを溶かして、

一体化するわけではないので、

「完全」に元通りに直るわけではありません。

温度によるガラスの伸び縮みで再びキズが見えてくることもあります。

しかも

キズの大きさ、割れ形や場所などによって

施工できないこともあります。

相談は無料ですのでぜひ一度ご相談ください。

 

このリペア、

割れてすぐに作業した方がレジン液も入り易く、

そのキズに水や埃が入ると仕上がりにも左右してきますので、

気がついたら早めの対処がよいですね。

——————————

市川オートグラス

住所
〒870-0945
大分県大分市大字津守374-1

TEL
097-568-2063

FAX
097-568-2022

営業時間
9:00~17:00

定休日
日曜日

関連記事

  1. ガラスの細かな傷による曇りにはガラス研磨がオススメ。

  2. フロントガラスのワイパー傷・油膜汚れ

  3. カーフィルム~施工事例~(ドット対応)

  4. カーフィルム施工~外車編~

  5. 冬になると気になるアレは長い目で見たらフロントガラスの汚れに…

  6. eyecatche

    ガラスの交換時の対処によって大切な車が長く乗れます(1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。